ソルフェージュとは

〜 はじめに 〜

〜 はじめに 〜

近年は、幼いうちから楽器にしたしむ子供さん達が増えて大変喜ばしいことですが、
難しい曲を弾くわりにはソルフェージュの力がそのレベルに達していない場合が多くみられます。
これは、ふれる前にソルフェージュを習い、新鮮な関心と注意力を、
まずリズムや音そのものに向ける事から始めるべきだと思われます。

リズム感や音感をより良く伸ばされ、確かな読譜力をつけることが、
音楽を理解し、好きになり、上達するためにどれ程有効であるか、計り知れないものがあります。

ソルフェージュとは、楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことを言います。

ピアノを習う上でも「ソルフェージュ」とは、
欠かすことのできない大切なカリキュラムなのです。

・音符の読み書き

・リズム感、拍子感を身につける

・音を聴き取る力をつける(聴音力)

・正しい音程でうたう(音感)

といった基礎感覚を身につけることを目的としています。
ダイナミクス、表情、テンポ感、フレーズ感、調性感、読譜力、等を育成して行きます。

また、カルタを使用して、お友達と一緒に楽語学びも人気です。

ソルフェージュ科の特徴

◆「ソルフェージュ」を集中して学べる

重要なカリキュラムにも関わらず、ピアノレッスンの中で
「ソルフェージュ」を充実させることは、時間的にも内容的にも無理があります。

「ソルフェージュ」を集中して学べる時間をもつことは、大変効果的で、
生徒さんたちにも、素晴らしい成果が現われています。
「山家小百合ピアノ教室」では、
『習い始め』『幼児期』のレッスンには組み込ませております。

◆グループレッスン

ピアノの個人レッスンにはない楽しさを味わいつつ、お互い刺激し合いながら
意欲的にレッスンに取り組むことにより、自然と多くのことが身に付いています。

◆ 学校の音楽の授業にも役立つ

学校の授業でも習う音符の読み書きはもちろんのこと、
歌ったり楽器を演奏するときに読譜力を生かせます。

お問合せ